windows 10 key online sale office 2016 key sale purchase office 2013 key http://www.cdkeypascher.com/ buy cheap windows 10 key purchase WINDOWS 10 Key buy Office Professional Plus 2016 Key

PICK UP CREATORピックアップ クリエイター

CREATOR PAGE作家ページ

 

  • 津久井 智子

    15才で「はんけしくん」と出会い、消しゴムはんこを趣味としてはじめ、2003年より「象夏堂」の屋号で消しゴムはんこ製作を生業として活動をはじめる。メディアにはNHK「おしゃれ工房」その他多数出演。書籍も「消しゴムはんこ。はじめまして。」(大和書房)をはじめ多数出版。独特のデザインと読み応えのある内容にファンも急増。ワークショップも好評で、受講者は年間延べ1500人を超える。津久井流の大きなカッターでくり抜く技法は見る者の度肝を抜くものがあり、「魅せる」技法として支持されている。近年ではホテルや船の壁画などの大きい作品作りにも意欲的に取り組んでおり、また、消しゴムはんこ×仏教ユニット「諸行無常ズ」では、お寺で消しゴムはんこ作りを楽しみながら仏教も学べる「消しゴムはんこ法話」ワークショップを全国各地で開催。海外での活動も急増し、各国で消しゴムはんこの魅力を伝えている。

     

  • こま けいこ

    雑貨的消しゴムはんこの草分け的存在。
    かわいい日常使いの雑貨を数多く制作。書籍も「晴れ ときどき はんこ」(主婦と生活社)をはじめ、他多数出版。2014年10月には、図案を2,700点以上収録した「こまけいこ 消しゴムはんこ素材集」(ソーテック社)を発刊。
    スタンプインクの監修も行っており、その色センスの良さにも定評がある。
    特に若い女性や主婦層に絶大なる人気がある。
    「けしごむ・はんこ・てん」の監修も行っている。

     

  • naco(田口奈津子)

    消しゴムはんこアーティスト。
    幼少の頃をスウェーデンで過ごし、現在は千葉にアトリエを構える。趣味で始めた消しゴムはんこのブログが、瞬く間に人気となり、趣味時代に付けた「Atelier*Naco」のブランド名をそのまま使い本格的な活動を始める。
    国内外で毎年個展を行い、講師としても精力的に活動。現在は消しゴムはんこだけでなく、アナログにこだわった、クラフトや書籍、店舗デザインなども手掛けている。「けしごむはんこ素材集」(ワークスコーポレーション)、「消しゴムはんこ図案アイデアBOOK」(ブティック社)をはじめ、書籍を多数出版。共著本を合わせると20冊を超える。消しゴムはんこで製作したレターセット(フロンティア)、広告パンフレット(有隣堂)、図案の提供(CASIO)など活動は多岐に渡る。「はんけしくんカラコレ田口奈津子バージョン」「シャビーカラコレシリーズ」など、商品のプロデュース・デザインも多数行っている。

     

  • 山田泰幸

    北海道・十勝生まれ。子どもの頃より「消しゴム」を使った版画を作り始め、東京と北海道でパッケージデザインや商品開発の企画・プロデュース等、数々の作品を手掛ける。北海道帯広市の開基百年公式シンボルマークのデザインなどを手掛ける傍ら、1995年より独自の山田スタイルの消しゴム版画/消しゴムスタンプの手法を「やまだ流 消しゴム版画 ~四季彩版画~」と名付け創作活動および講師活動を続けている。著書に「四季の消しゴムスタンプ」(マール社)、「消しゴムスタンプ 季節のたより」 (廣済堂出版)」ほか。また、CD-ROM付き年賀状素材集には作品を多数提供している。

     

  • やまだひろゆき

    消しゴムはんこ研究家。消しゴムはんこクリエイターとして書籍メディア等への作品提供を続ける傍ら、消しゴムはんこ・消しゴム版画の講師・インストラクターの育成や、クリエイター活動のコンサルタントを行っている。
    また「はんけしくんカラコレ」シリーズのトータルプロデュース、スタンプインクの監修など商品開発やプロデュースも手がける。父は消しゴム版画家の山田泰幸、父子で「やまだ流スタンプアート」を展開。文具専門フリーペーパー「Bun2」で「消しゴム花はんこ」を連載。
    一般社団法人JESCA日本イレイサースタンプ協会代表理事。

     

  • とみこはん

    消ゴムはんこで絵を描く、消しゴム版画イラストレーターとして、雑誌、書籍、テレビ、広告をはじめ様々な媒体で活動中。
    食べ物や人物のモチーフなど、あたたかみのある作風の中にもニヤリとするような、作品作りが特徴。また、イラストレーターとしての活動のほかに、ワークショップ講師として、メディア出演をしたり、国内外で消ゴムはんこの楽しさを伝えている。著書に「とみこのはんこ」(河出書房新社)「作りたくなる消しゴムはんこ 毎日が彫りデー」(小学館クリエイティブ)等。

     

  • La Fabutineuse(ファビエンヌ)

    イラストレーターの夫、二人の子供と自然豊かなフランス西部の ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏に住む。デッサンや絵画、モザイク装飾、家具のリメイクまで、あらゆるハンドメイド・雑貨・ものづくりに興味を持ち、最近は特に彫刻に凝っていて、消しゴムはんこ以外にも木版画やリノリウム版画も手がける。


     La Fabutineuse (ラ・ファビュティニューズ)という作家名は、自分の名前ファビエンヌと「butiner (ビュティネ) 」というフランス語で蜂が蜜を集める時に使う動詞を組み合わせたもの。 蜂が休みなく蜜を採集する様子を、自分に常に刺激を与えてくれる創作活動のイメージに重ねたもの。


     自然とヴィンテージのオブジェに次々とインスピレーションを得ながら、消しゴムはんこを制作している。今後、フランスで消しゴムはんこのワークショップや、消しゴムはんこを使ったアーティスティックな作品を制作予定。2015年に「Tampons gravés : motifs en voyage」(消しゴムはんこ:旅のモチーフ)をフランスEyrolles社から出版した。

     

全国各地のはんけしくんインストラクター